あるふぉの落書き帳

期間限定山梨在住の鉄オタ。当ブログの写真の無断転載はご遠慮ください。

きっぷる

東海道・山陽新幹線 700系新幹線乗車記【JR西日本所属 3000番台編】

はじめに

前の記事で書いた700系0番台(東海車)(リンク挿入)のものをご覧いただいた上でお読みいただけると幸いです。というのも、管理人が面倒くさがりなために700Cとの差異を中心に書いていくので…。ちなみに管理人はBであれCであれどっちも好きですのでそこはご容赦を。

 

f:id:ComExp2133:20211114012335j:plain

JR東海さんとJR西日本さんが共同開発した新幹線車両、700系。現行のN700系列ですと両社での違いって車内チャイム*1ぐらいかと思いますが、700系では内装等にも違いが多々ありましたので、700Cとの違いを挙げつつ補足という感じで書いてまいります。

 

 

・外見での違い

f:id:ComExp2133:20211114025445j:plain

初っ端からブレた写真なのはスンマセン。700Cでは方向幕だったそれが700Bでは3色LEDとなっています。また、これに伴い途中の停車駅なんかも流れていました。

 

f:id:ComExp2133:20211114025631j:plain

また先頭付近に"JR700"というロゴが入っていたのも特筆できるかと思います。

 

f:id:ComExp2133:20211114030142j:plain

先ほどの写真の編成番号なんかもそうですが、700Cとの違いの一つとしては車体番号等の表記においてフォントが違うのも特徴の一つです。Cは国鉄フォントですしね。

・内装

f:id:ComExp2133:20211114025752j:plain

何と言っても座席の色合いの違いでしょうか。700Cでは水色の座席でカジュアルな印象がありますが、700Bでは濃い青の座席が並び、シックで落ち着いた印象を受けます。

これは好みがわかれるかと存じますが、個人的にはどちらも好きです。先ほど書いた印象を基に申し上げるのであれば、旅行の往路はカジュアルで明るめな内装が特徴の700Cだとテンションが上がりそうだなと感じつつ、逆に復路はちょっとエレガントな700Bでゆっくり酒盛りするなんてのもいいのではないかな~なんて思いました。まる

 

f:id:ComExp2133:20211114030015j:plain

壁なんかもやはり700Bの方が落ち着いた印象を受けますね。あと700CとLEDのフォントが違うような?

 

f:id:ComExp2133:20211114030338j:plain

写真は友人提供のものです(許諾済)

デッキなどを見ても、全体的に700Bはシックで落ち着いた内装に思えます。

 

・その他機器類

専門分野ではないのですが、確か700Cが300系ベースの台車であるのに対して700Bは500系ベースのそれなんでしたっけね。言われてみれば(700Cでも充分快適でしたが)700Bはなお一層揺れが少なかったような。

 

 

 

 

正直700Cと同じぐらい700Bも好きでしたので、この記事があまりにも短い(当社比)のは本意ではありませんが…冒頭の700C乗車記と併せてお読みいただき700Cと700Bへの想いを馳せていただけたら700系ファン冥利に尽きます。

なおレールスターとして今も頑張るE編成は一度きりの乗車ですので、機会を見つけてまた乗ったり撮ったりしたいものです。

 

 

 

東海さんの700Cがラストランこそ運休となれども特設HPまで開設されて華々しい最後を飾ったのとは対照的に、西日本さんの700Bは改正前まで残った定期運用を粛々とこなした後は波動用車両として500系代走を行ったのちにすべてが廃車となりました。

せっかく喫煙車の清掃や全検等を行ったのに…と思うと大変もったいなく残念だとマニア目線では思いますが、一応まだ解体はされていないそうですので、何かのタイミングでまたお目にかかれる日を首を長くして待ちたいなと思っております。

車籍さえあれば他社でも見かけるマニア向けツアーなんかでの使い道こそあったのではないかと考えますし、ドクターイエローよろしく臨時のぞみのダイヤを2本使えば東海さん管内への入線もできないことはないのでは?と思ってしまうのはヲタクの悪い癖ですね...笑。

700Bにも数多の思い出をもらいました。東海道新幹線を使う回数が増えたのは彼らが定期運用から勇退した後だったのは少々残念ですが、彼らの功績を基に走っている現行の車両との思い出を無駄にすることの無いようにしたいと思うのでした。笑

 

それではまた。

 

 

 

 

あとがき(と書いて宣伝)

www.graffiti-of-alpho.com

後輩であるN700系N700aの乗車記です。彼らもなかなか革新的な名車ですよねえ…なーんて思っていたら既に廃車がわりと進んでいて寂しいばかり。

 

あ、N700Aの乗車記は準備中です。

 

www.graffiti-of-alpho.com

その更に更に後輩のN700Sの乗車記がこちらです。

記事内にも記載しましたが、どうも彼らの一部には廃車となった700系やN700系の車体の一部が利用されているのだそうですね。こうしてまた一緒に旅ができると思うと何とも言えぬ感慨深さがあります…ってのは僕だけでしょうか。

*1:どこかで聞いた話ですが、両社の車ではブレーキの効きに違いがあるとかないとか。ぼくは言わずもがな運転したことなんてないのでわかりません